FC2ブログ

引越しました

みなさん、こんばんは。

これまでFC2をメインにして、その記事をコピペし

アメブロに貼っていました。

いつもこれは無駄な作業だなと思いながらも数ヶ月。

やはりFC2から引っ越ししようと思います。

理由は一つ。

アメブロは死別ブログを探しやすいからです。

そしてコミュニケーションの点が強い。

私は死別経験者の方々のブログに助けられています。

こちらのFC2で、いつもコメントを下さる方々とは

友人、同志のような気持ちになっています。

お互い悲しい状況の中

これからもお話したいと思っています。

アメブロは簡単な登録をして頂けたら

コメントでまたお話が出来ます。

とても簡単な登録です。

出来たらそこでまたお話したいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



私も一緒に連れて行って(アメブロを表示します)






スポンサーサイト



死んだと言われた

今日、生命保険の件で外交さんと会った。

どんな話の時だったか覚えていないけど

「死んだ日から日も経ってないので~~云々」

と言われた。

え?って思った。

家族以外から「死んだ」

という言葉を聞いたのはこの人からだけだ。

亡くなって初めて連絡した時も「ご主人様が死んでしまわれてから~~云々」と

言われたこともあった。

ここは「亡くなった」ではないのか。

なぜ「亡くなった」と言えないんだろう。

お死にになった。これもおかしい。

やはり「亡くなった」「お亡くなりになった」だと思うんだけどな。


そういえばメールで

幸せな生活を送る方から

「前向きに歩けそうかな」と聞かれた。

いつも後ろを向いて歩く様な器用な真似はしない。

それ怖い・・・。職務質問されそう。

そう返信すれば良かった。

それは皮肉だけど送り主の言いたい事は分かる。

でも前向きって今の私に言うのか・・・。

夫と死に別れて二ヶ月の私に。

しかも前向きって何ですか?と聞きたいところだ。

前を向いて歩くって何だろう。

新しい未来に希望を持って?

いつまでもくよくよしないで?

旦那さんはそんなももこのさんを見て悲しいよ?

命があるんだから旦那さんの為にもしっかり生きなきゃ?

やめて下さい。

全く分からない。

あんなに大好きだった夫が亡くなってたった二ヶ月で

これから先のことを希望を持って考えられたら

保険金詐欺みたい。

生きるしかないから生きているだけ。

いつ夫が迎えに来てもすぐに一緒に行けるのに。

前向きって言葉を幸せな人に言われても

辛い思いにしかならない。

お願いだからお願いですから

前向きなんて言わないで欲しい。




死別体験者バスツアー

夏が過ぎて次は秋だ。

夫と一緒に送れない季節がまた来る。

こわいなぁ。

ただでさえ寂しい季節を一人で過ごすのか。いやだなぁ。

秋は寂しいけど嫌いな季節では無いのに。



夫とは秋の小旅行によく行った。

「ももちゃん、この日から二泊で行けるよ。行く?」

夏休みに大きな旅行に行ったのに時間が空くと誘ってきた。

旅行か・・・これから私は旅行なんて行くのかな。

考えてみると私は一人旅をした事が無い。

遠い目的地に一人で行った事はある。

学生時代、社会人になってから。

ホテルを予約し一人で泊まった事は何度もある。

でも旅と言えるものでは無かった。



夫が元気な頃、私は一人旅をしたいと思っていた。

自分で行き先を調べてホテルを決めて、というより

旅行会社にあるお一人様限定ツアーというもの。

バスに乗っていたら目的地に着くという何とも簡単な旅だ。

予約をして決められた場所に集合すれば

あとはお任せ。楽。一人旅をしたことの無い私には合っている。

車でなら行きたいと思ったけど夫が通勤で使っていた。



お一人様限定ツアーか。色々詮索されることも無く

話さなくても静かに夫と会話が出来るかもしれない。

死別体験者バスツアーでもあると良いのに。

同じ悲しみを経験した人達だけの旅行。

どこで涙を流しても、故人に話しかけて独り言を言っても

危ない人扱いされないだろう。

どこかに行きたいなんて全く思えないので

旅行なんて考えられないけど

でも死別体験者バスツアーなら行ってみたい。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 

死別ランキング






気楽な私は世捨て人になってしまった

今日も夫からの電話を期待していたけど

何も無し。

パパ、そうですか・・・


今日は引きこもったなぁ。

夕方の四時までパソコン前にいた。

ブログを読んだりボーッと考え事したり。

無駄に生きていると思う。

夫も呆れているだろうけど、誰のせいでこうなったと言いたい。

とは言っても夫は死にたくて死んだ訳じゃ無い。

夫は仕事にも趣味にも何というか、熱い人だった。

そしてとても優しい。

夫の様に優しく熱くまっすぐ生きることが私に出来るだろうか。

あんな生き方は出来ないと思う。

しかもこの歳で大好きな夫と死別して。


夫が5月に入院してからの私は生きている感じがしない。

なんかずっとぼんやりした感じ。

楽しい事は何も無い。楽しみを見つけたいとも思わない。

これは一体いつまで続くのか。

悲しみ続けたらそのうち何か変るのかな。

それはいつからだろう。


夫が入院してから100%夫という生活だった。

そのせいで夫以外の事に関しては

健忘症の様な状態になった。色々思い出せなくなった。

例えば字。簡単な漢字が書けなくなった。

ブログを書くために当時書いていた日記を読んでみたら

字はひどい。内容はもっとひどい。

脳天気に生きていた私がいきなり

夫の昏睡状態に向き合わなければならなかった。

変になってもおかしくない。


しかし入院日記を読んで、私は本当に夫を愛していたんだな

と思う。今もだけど。

一緒に暮らして毎日を送ることで

どんどん愛情が深まっていって無くてはならない存在に。

そんな人がいなくなったんだから

私は当分世捨て人の様に生きるんだろう。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 

死別ランキング





あの世からお迎えの電話?

友人のブログには変らぬ日常が書いてあった。

悩みはあるものの羨ましい日常を送っている。

良いなぁ。

私も以前は何か悩みがあったはずだけど

夫の入院と死によって何だかそれが消えてしまった。

日常の悩みなら何とか解決の道を考えるけど

死なれてしまったら悩んでもどうしようもない。

どんなに悩んでも帰ってくるという解決策は無い。

だから友人の悩みが羨ましかった。

一緒に考えてくれる旦那さんがいるんだから。

おっと、妬ましい感じになってきそうだから

別の話に。



今朝、起きてスマホを確認すると着信が入っていた。

午前0時33分。夫から。

・・・・・。

どういうことだ。

夫のスマホを確認すると確かに発信している。

その時間は私は起きていた。が、着信音に全く気付かなかった。

近くに置いていたのに。

え?私が自分でかけたとか?

いや、それは無い。

毎日お酒を飲んでいるといっても

酔っ払いみたいな状態にはならない。勿論記憶もある。

しっかりお皿まで洗ってベッドに入った。

だから全く理解出来ない。

私は夫が何かしらのエネルギーになり見えなくても

存在していると思っている。

色々な不思議な体験もしているし。

でも物を操作する事なんて出来るのかな。

本当に疑問だが私しかこの家にいないのだから。

なぜだ。

いくら考えても考えても疑問が消えない。

今日一日そのことが頭から離れなかった。

と、思いながらも

凄く嬉しい。毎日掛かってきて欲しい。

もし私が電話に出たら・・・夫の声が聞こえたら。

「ももちゃん、迎えにきたよ」

どうしよう。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 

死別ランキング




プロフィール

ももこの

Author:ももこの
夫をパパと呼んでいますが私達に子供はいません。二人家族です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR